デリケートゾーンの悩み1位の「すそわきが」を解決する正しい洗い方

デリケートゾーンの悩み1位の「すそわきが」を解決する正しい洗い方

多くの女性がデリケートゾーンの苦悩を所持しています。デリケートゾーンの悩みは、たくさんあります。決して人には気軽に話せないけど、女性は全員デリケートゾーンにいくつかの悩みを所持しているようです。

あるアンケート調査によると、デリケートゾーン関連の悩みの中で、一番多い回答が「すそわきが」、二番目が「黒ずみ」次に順に「かぶれ」「かゆみ」「生理時の不快感」などだったそうです。

  1. すそわきが
  2. 黒ずみ
  3. かゆみ

uoodho

「自分のにおいは、ほかの人より強いのでは?」「生理時の忌避感が嫌」「デリケートゾーンはもちろん、バストトップの黒ずみがとても気になる」「おりものの量が心配」「ナプキンのかぶれ防止手段とは?」など、多種多様な悩みの声が耳に飛び込んで来ますが、こちらではそれぞれの悩みを解決するために、共通してできる解決策を紹介します。

ここで紹介する悩みは「すそわきが」「黒ずみ」「かゆみ」「かぶれ」「おりもの」「生理時の不快感」「アンダーヘア」の7つです。

デリケートゾーンの正しい洗浄法とお手入れ法

ここでは、案外と知られていないデリケートゾーンの正確な洗浄方法について紹介していますので、ぜひお手本にして下さい。
デリケートゾーンの臭い(すそわきが)や黒ずみ、ムレ、かゆみなどが気になっている人等にもイチオシの洗浄方法です。

石鹸・ボディソープはかき交ぜる

デリケートゾーンは、 ファンダメンタルにソフトに洗浄することが大事です。デリケートゾーンはボディの中でも皮膚が薄っぺらく粘膜が多いパーツです。石けんやボディソープをダイレクトに付けると刺戟が強いです。
手や泡立てネットを使用してかき交ぜ、たくさんの泡でソフトに洗浄しましょう。

洗う順番は前からうしろ

デリケートゾーンは、アンダーヘア、陰核、性器部分、会陰部分、肛門という順番で洗浄します。つまり、前から後ろという順序です。鏡で確認しながら、押し揉み過ぎないように丁寧に洗浄しましょう。

ishoos

恥垢が滞っているパーツは、指の腹を試用して念入りに流出して下さい。クリトリスの包皮に潜んでいるパーツや、大陰唇と小陰唇の間のずれは、とくに恥垢が滞留しやすいので、頻繁にお手入れしましょう。

アンダーヘアの洗浄方法

アンダーヘアのパーツは、基礎の肌を揉み治療するように丁寧と洗浄してから、毛の流れと逆方向に手でちょっとだけ牽引して、その際、抜け落ちる毛は思い切って抜いてしまいましょう。

アンダーヘアも、余所の体毛と同じように周期的に抜けるので、これをすることでショーツの抜け毛防止につながります。爪を立てずに、指の腹を用いて傷つけないように配慮しましょう。綺麗サッパリ洗浄終了したら、お仕舞いはシャワーで丁寧に濯ぎましょう。

生理中は普段よりソフトにしっかりと

生理中はいつもよりもデリケートな状況になっているので、いつも以上にきちんとソフトに洗浄するように気をつけましょう。ニオイがとても心配な人もたくさんいると思いますが、ファンダメンタルには膣内まで洗浄する必要はありません。

ニオイのお手入れが可能な、低刺戟のデリケートゾーン専用ソープを用いて洗浄することをおすすめします。また、すそわきがを根本的に治したい方は手術や注射などもありますが、専用のすそわきがクリームも販売されているので、そちらも試してみるのがおすすめです。

そのなかでもタンニン成分の含まれるものが効果が高くおすすめです。

消臭成分の柿渋(柿タンニン)は、悪臭成分と化学的に結合することで臭いのない別の成分に変化させます。

引用 すそわきが対策ガイド|あそこの臭いを抑える3つのポイント