生殖器から特異な匂いがするすそわきがは「外陰部臭症」

生殖器から特異な匂いがするすそわきがは「外陰部臭症」

生殖器から特異な匂いがするすそわきがは、「外陰部臭症」とも言われています。

人体の汗せんから出る汗はだいたいが無臭の水分です。大汗腺の汗匂いはあまりありませんが、脂肪やカルバミド、水酸化アンモニウムなど「ニオイの元」となる構成物が含まれています。この大汗腺が皮脂から分泌される高級脂肪酸と一つになり、それにより皮膚常在菌が分離して、特徴のあるわきがになるのです。

すそわきがの注意点まとめ

すそわきがの女性

すそわきがとは、別称「外陰部臭症」とも呼ばれ、女性器周辺からわきが臭のようなニオイがすることを言います。

雑菌の温床となるデリケートゾーンの毛を脱毛することで雑菌の繁殖が抑えられ、結果的に臭いを予防する効能が見込めます

脱毛することにより「すそわきが」の苦悩を解消しましょう。

どうしても脱毛したくない人は、デリケートゾーン専用の石鹸やウォッシュに頼り、清潔に保ちましょう。また、「オペレーション」という選択肢もありです。ネット内ではデリケートゾーンのニオイに使用できるクリーム が販売されています。これらのお手入れ法が一番安全で人気が高いです。

アソコを必死になって、石鹸でゴシゴシと強く洗ってはいけません。そうすると悪臭の原因のる「悪玉菌」だけでなく、善玉菌まで殺してしまいます。すると、皮膚のphが正常な状態である弱酸性から弱アルカリ性に傾き、自浄作用が低下します。

オペの成功率は9割以上も珍しくありません。そして近頃では、オペだけじゃなく、超音波や電磁波・レーザーでの療治、ボトックス注射のように日帰りで可能なオペもあります。

わきがの手術で根本的に「大汗腺」を除去してしまう方法が切開手術です。その代表が「剪除法(せんじょほう)」です。皮膚を切開するので、オペ後は入浴できなかったり、うまく歩けなかったりしてデメリット点が目立ちます。また、医師次第では大汗腺を除去しきれないこともあります。すそわきがの発生スポットはかなり繊細な部分なので、オペ後の皮膚の損傷などを配慮し剪除法は実施されてきませんでした。

すそわきが療治(超音波吸引療治法と皮下組織削除法、電気凝固法)

すそわきが療治として名高いのが、超音波吸引療治法と皮下組織削除法、電気凝固法です。

切開が怖い人は「ビューホット治療」という施術法がお勧めです。この治療はセグメントに麻酔を打ち無痛状態にしてから、陰部に細い針をあてがい、「汗せん」や「大汗腺」をレーザーで除去するオペ法です。すそわきがのニオイをかなり軽減でき、9割以上の人が「完治した」と言っているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ライトさが自慢の「ボトックス注射」にトライしてみるのも良いでしょう。ボトックスを行うクリニックは割とたくさんあります。ボトックス注射は汗を抑える効果があり、効果は約半年弱ほどですが、高い確率で脇汗を抑制する効能が見込め、あまり高いオペ料金ではないところもメリット点です。ボトックス注射で汗を抑制してから、脱毛もしバイ菌の蕃殖を抑えるとベターです。

すそわきが対策グッズの情報まとめ

すそわきがグッズ

デオドラント製品 すそわきがの対策グッズならデオドラント製品がベストです。ただ『塗るだけ』で効果抜群です。
サプリ 体の体に必要な栄養を補給するというサプリが多いんですが、実は体臭に効能があるサプリというものありますが数は少ないです。
石鹸 すそわきがのニオイではなく垢汚れでニオイが発生している場合は石鹸でしっかり洗ってあげることでニオイをだいぶお手入れできます。